Excel ブックのシートがいくつあるか調べる-SHEETS関数

Excelでブックにシートがいくつあるかを調べる方法を記録します。

シート数を調べるには、SHEETS関数を使います。

< スポンサーリンク >

 

下図はExcel2016です。

 

関数

範囲内のシート数を返します。

SHEETS(範囲)

値=省略可能。その中に含まれているシート数を求める範囲を指定します。範囲を省略すると、この関数を含むブックのシート数が返されます。

 

SHEETS 関数は、すべてのワークシート (表示、非表示、または完全な非表示) に加えて、他の種類のシートすべて (マクロ、グラフ、またはダイアログ シート) で使用できます。

範囲に無効な値が指定されている場合、エラー値 #REF! が返されます。

オブジェクト モデル (OM) には類似した機能が含まれているので、SHEETS 関数はオブジェクト モデルで使用できません。

 

全てのシート数を表示する

引数を省略した場合、ブックのシート数が表示されます。

=SHEETS()

Excel関数SHEETS

 

シート範囲を指定してシート数を表示する

Sheet3からSheet5の範囲のシート数を表示してみます。

=SHEET()

引数の中にカーソルを合わせ

Excel関数SHEETS

 

Sheet3のタブをクリックします。

Excel関数SHEETS

 

Shiftキーを押しながら、Sheet5のタブをクリックします。

Excel関数SHEETS

 

Sheet5のどのセルでもいいのでクリックし、Enterを押します。

Excel関数SHEETS

 

Sheet3からSheet5の範囲のシート数が表示されました。

Excel関数SHEETS

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ