Excel VBA 変数のデータ型を調べる-TypeName

ExcelでVBAを使っているときに、「今変数の中に入っているのは何のデータ型かな?」と思うときがあります。

変数に入っているデータのデータ型を調べる方法を記録します。

ExcelVBA変数データ型

下図はExcel2016です。

 

< スポンサーリンク >

 

構文

変数に関する情報を提供する文字列型(String)を返します。

TypeName(変数)

変数=必須。ユーザー定義型の変数以外の任意の変数を含むバリアント型(Variant)の値です。

返される文字列型

返される文字列 
object type objecttype型のオブジェクト
Byte バイト型
Integer 整数型
Long 長整数型
Single 単精度浮動小数点数型
Double 倍精度浮動小数点数型
Currency 通貨型
Decimal 10進型
Date 日付型
String 文字列型
Boolean ブール型
Error エラー値
Empty 初期化されていません
Null 有効な値がありません
Object オブジェクト
Unknown 不明な型のオブジェクト
Nothing オブジェクトを参照しないオブジェクト変数

変数が配列の場合は、返すことができる文字列(またはバリアント型の値)の空のかっこを付けた文字列が返されます。

 

「a」という変数に数値や文字列、日付、論理値を入れてイミディエイトウィンドウに表示してみます。

Sub test()
    Dim a As Variant

    a = 123
    Debug.Print a & " : " & TypeName(a)

    a = 12.34
    Debug.Print a & " : " & TypeName(a)

    a = "aiueo"
    Debug.Print a & " : " & TypeName(a)

    a = #11/14/2019#
    Debug.Print a & " : " & TypeName(a)

    a = True
    Debug.Print a & " : " & TypeName(a)
End Sub

ExcelVBA変数データ型

 

変数のデータ型が表示されました。

ExcelVBA変数データ型

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ