ブックを変数に入れる

ExcelでVBAでブックを変数に入れて操作する方法を記録します。

ブックを変数に入れると、コードの見た目も分かりやすく簡単になります。

ブックに変数を入れる

下図はExcel2016です。

< スポンサーリンク >





方法

変数の宣言

Dim 変数 As Workbook

ブックを変数に代入するには、「Set」を使います。

Set 変数 = ブック

 

自分のブックを変数に代入し、ブック名をデバッグで表示します。

Sub test()
    Dim wb As Workbook
    Set wb = ThisWorkbook
    Debug.Print wb.Name
End Sub

ExcelVBAブックを変数に

 

自分のBook2.xlsxというブックを変数に代入し、Book2.xlsxの1つ目のシートのA1セルにaiueoと入力します。

Sub test()
    Dim wb As Workbook
    Set wb = Workbooks(“Book2.xlsx”)
    wb.Worksheets(1).Range(“A1”).Value = “aiueo”
End Sub

ExcelVBAブックを変数に

ExcelVBAブックを変数に

 

3つ目のブックを変数に代入し、ブック名をデバッグで表示します。

Sub test()
    Dim wb As Workbook
    Set wb = Workbooks(3)
    Debug.Print wb.Name
End Sub

ExcelVBAブックを変数に

 

アクティブなブックを変数に代入し、ブック名をデバッグで表示します。

Sub test()
    Dim wb As Workbook
    Set wb = ActiveWorkbook
    Debug.Print wb.Name
End Sub

ExcelVBAブックを変数に

 

 

< スポンサーリンク >