Excel VBA セルを変数に格納する

ExcelのVBAでセルを変数に入れる方法を記録します。

ブックやシートだけではなくセルも変数に入れると、VBAのコードがわかりやすくなります。

下図はExcel2016です。

ExcelVBAセルを変数に

 

< スポンサーリンク >

 

方法

変数の宣言

Dim 変数 As Range

セルを変数に代入するには、「Set」を使います。

Set 変数 = セル

 

アクティブなシートのA1のセルを変数に代入し、そのセルに「aiueo」という文字を入力します。

Sub test()
    Dim ws As Worksheet
    Dim rng As Range

    Set ws = ActiveSheet
    Set rng = ws.Range("A1")

    rng.Value = "aiueo"
End Sub

ExcelVBAセルを変数に

ExcelVBAセルを変数に

 

変数を使って別のシートのセルを扱う場合の記録です。

「購入数」シートのB4~B6のセルの値を「一覧」シートのA1~A3に入力します。

ExcelVBAセルを変数に

Sub test()
    Dim wb As Workbook
    Dim wsBuy As Worksheet
    Dim wsList As Worksheet
    Dim rngBuy As Range
    Dim rngList As Range
    Dim rowBuy As Long
    Dim rowList As Long

    Set wb = ThisWorkbook
    Set wsBuy = wb.Worksheets("購入数")
    Set wsList = wb.Worksheets("一覧")

    rowList = 1

    For rowBuy = 4 To 6
        Set rngBuy = wsBuy.Cells(rowBuy, 2)
        Set rngList = wsList.Cells(rowList, 1)

        rngList.Value = rngBuy.Value

        rowList = rowList + 1
    Next rowBuy
End Sub

ExcelVBAセルを変数に

ExcelVBAセルを変数に

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ