Excel VBA 全てのシートの数を取得する-Count

Excel VBAで全てのシートの数を取得する記録です。

下図はExcel2016です。

ExcelVBAシート数

 

< スポンサーリンク >

 

構文

オブジェクトの数を表す長整数型 (Long) の値を返します。

式.Count

式=シートオブジェクトを表す変数
※ワークシートのみを数える場合は「Worksheets」、全てのシートを数える場合は「Sheets」

 

ワークシートの数と全てのシートの数をデバッグで表示します。

ワークシートが4、ダイアログシートが1、グラフシートが1あります。

ExcelVBAシート数

Sub test()
    Debug.Print Worksheets.Count
    Debug.Print Sheets.Count
End Sub

ExcelVBAシート数

Worksheets.Countは4、Sheets.Countは7になりました。

 

ループを使って1から全てのワークシートの数まで繰り返しながら、アクティブシートにワークシート名を入力します。

Sub test()
    Dim i As Long
    Dim gyou As Long

    With ActiveSheet
        gyou = 1
        For i = 1 To Worksheets.Count
            .Cells(gyou, 1).Value = Worksheets(i).Name
            gyou = gyou + 1
        Next i
    End With
End Sub 

ExcelVBAシート数

ExcelVBAシート数

 

ループを使って1から全てのシートの数まで繰り返しながら、アクティブシートにシート名を入力します。

Sub test()
    Dim i As Long
    Dim gyou As Long

    With ActiveSheet
        gyou = 1
        For i = 1 To Sheets.Count
            .Cells(gyou, 1).Value = Sheets(i).Name
            gyou = gyou + 1
        Next i
    End With
End Sub 

ExcelVBAシート数

ExcelVBAシート数

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ