Worksheet_BeforeDelete

Excel VBAでシートを削除する前に操作する方法の記録です。

下図は、Excel2016です。

< スポンサーリンク >





構文

Worksheetオブジェクト.BeforeDelete

ワークシートが削除される前に発生します。

 

VBEでオブジェクト欄の「(General)」と表示してあるプルダウンの部分を「Wordsheet」を選択し、プロシージャ欄を「BeforeDelete」を選択します。

Worksheet_BeforeDelete

 

「Private Sub Worksheet_SelectionChange・・・End Sub」の部分は必要ないので削除します。

Worksheet_BeforeDelete

 

シートが削除される前に「シート名を削除します」というメッセージを表示してみます。

Private Sub Worksheet_BeforeDelete()
    MsgBox ActiveSheet.Name & “を削除します”
End Sub

Worksheet_BeforeDelete

 

シートを削除してみます。

Worksheet_BeforeDelete

 

[削除]をクリックします。

Worksheet_BeforeDelete

 

VBAで設定したメッセージが表示され

Worksheet_BeforeDelete

 

シートが削除されました。

Worksheet_BeforeDelete

 

< スポンサーリンク >