Excel VBA 印刷時の用紙サイズを指定する

Excel VBAでワークシートを印刷する時に用紙サイズを指定する方法を記録します。

印刷時の用紙サイズ指定は「PageSetup」オブジェクトの「PaperSize」プロパティを使います。

< スポンサーリンク >

 

書き方

WorkSheetオブジェクト.PageSetup.PaperSize = 用紙サイズ

よく使う用紙サイズ
xlPaperA3 = A3サイズ
xlPaperA4 = A4サイズ
xlPaperA5 = A5サイズ
xlPaperB4 = B4サイズ
xlPaperB5 = B5サイズ

 

用紙サイズ指定

アクティブなシートの用紙サイズ指定

アクティブなワークシートの用紙サイズをA4サイズに指定し、印刷プレビューで表示する場合は次のように書きます。

Sub test()
    ActiveSheet.PageSetup.PaperSize = xlPaperA4
    ActiveSheet.PrintPreview
End Sub

Excel印刷用紙サイズ

 

シートを指定して用紙サイズ指定

ワークシートを指定して用紙サイズをA3サイズに指定し、印刷プレビューで表示する場合は次のように書きます。

Sub test()
    Worksheets("Sheet1").PageSetup.PaperSize = xlPaperA3
    Worksheets("Sheet1").PrintPreview
End Sub

Excel印刷用紙サイズ

 

2番目のワークシートを指定して用紙サイズ指定

2番目のワークシートを指定して用紙サイズをA3サイズに指定し、印刷プレビューで表示する場合は次のように書きます。

Sub test()
    Worksheets(2).PageSetup.PaperSize = xlPaperA3
    Worksheets(2).PrintPreview
End Sub

Excel印刷用紙サイズ

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ