< スポンサーリンク >

Excel VBA 定数を使ってみる

Excelで変数をよく使いますが、定数もよく使います。

定数は変数と違って値を変えることはできないので、絶対に変えたくない値があるときは定数を使うと便利です。

 

定数の種類

・組み込み定数(VBAで定義されている定数)

・ 条件付きコンパイル定数

・ユーザー定義定数

このページでは、ユーザー定義定数に関して記録しています。

 

定数の使い方

定数宣言は「Const ステートメント」を使います。

(Public | Private)Const 定数名 As データ型 = 値

・(Public | Private)=省略可能。既定ではPrivateになります。Privateは宣言が行われたモジュールのプロシージャから参照可能。Publicは全てのモジュールの全てのプロシージャから参照可能。
 ※プロシージャ内では指定できません。

・定数名は必須です。

・データ型は省略可能です。参考:データ型の使い方

・値は必須です。

 

今日(変数)から基準日(定数)の差(変数)を求めてメッセージで表示する例です。

プロシージャの外で

'定数の宣言(基準日)
Const kijunbi As Date = #11/15/2018#

プロシージャ

Sub test()
    '変数の宣言(今日の日付)
    Dim hi As Date
    '変数の宣言(差)
    Dim kekka As Integer

    '今日の日付を代入
    hi = Date

    '今日から基準日を引く
    kekka = hi - kijunbi

    'メッセージ
    MsgBox "基準日:" & kijunbi & Chr(13) & _
        "今日の日付:" & hi & Chr(13) & _
        "差:" & kekka & "日"
End Sub

VBA定数

VBA定数

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ