Excel VBA 文字数を数える-Len

Excel VBAで文字の数を数える方法の記録をします。

下図はExcel2016です。

VBA関数len

 

< スポンサーリンク >

 

構文

Len(string | varname)

文字列の文字数、または変数の格納に必要なバイト数を含む長整数型(Long)を返します。

string=任意の有効な文字列式を指定します。stringにNullが含まれている場合は、Nullが返されます。
varname=有効な変数の名前を指定します。varnameにNullが含まれている場合は、Nullを返します。varnameがバリアント型(Variant)であれば、Lenはこれを文字列型(String)として処理し、常にその文字数を返します。

 

アクティブシートのA1セルの文字数をメッセージで表示します。

Sub test()
    MsgBox Len(ActiveSheet.Range("A1"))
End Sub

VBA関数len

VBA関数len

 

アクティブシートのA列の文字数をB列に入力します。

Sub test()
    Dim ws As Worksheet
    Dim i As Long

    '変数にアクティブシートをセット
    Set ws = ActiveSheet

    'A列も文字数をB列に入力
    With ws
        For i = 1 To 5
            .Cells(i, 2).Value = Len(.Cells(i, 1))
        Next i
    End With
End Sub

VBA関数len

VBA関数len

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ