Excel VBA セルの文字の配置(横位置、縦位置)を設定する

Excel VBAでセルの文字の配置(横位置、縦位置)の設定をする方法を記録します。

< スポンサーリンク >

VBAセル文字配置

横位置は「HorizontalAlignment」プロパティ、縦位置は「VerticalAlignment」プロパティを使います。

 

書き方

横位置

Rangeオブジェクト.HorizontalAlignment = 定数

縦位置

Rangeオブジェクト.VerticalAlignment = 定数

 

横位置を設定する

「標準」にしてみます。

Sub test()
     Range("A1:A2").HorizontalAlignment = xlGeneral
End Sub

VBAセル文字配置

VBAセル文字配置

 

「左詰め」にしてみます。

Sub test()
     Range("A1:A2").HorizontalAlignment = xlLeft
End Sub

VBAセル文字配置

VBAセル文字配置

 

「中央揃え」にしてみます。

Sub test()
     Range("A1:A2").HorizontalAlignment = xlCenter
End Sub

VBAセル文字配置

VBAセル文字配置

 

「右詰め」にしてみます。

Sub test()
     Range("A1:A2").HorizontalAlignment = xlRight
End Sub

VBAセル文字配置

VBAセル文字配置

 

「繰り返し」にしてみます。

Sub test()
     Range("A1:A2").HorizontalAlignment = xlFill
End Sub

VBAセル文字配置

VBAセル文字配置

 

「両端揃え」にしてみます。

Sub test()
     Range("A1:A2").HorizontalAlignment = xlJustify
End Sub

VBAセル文字配置

VBAセル文字配置

 

「選択範囲内で中央」にしてみます。

Sub test()
     Range("A1:B2").HorizontalAlignment = xlCenterAcrossSelection
End Sub

VBAセル文字配置

VBAセル文字配置

 

「均等割り付け」にしてみます。

Sub test()
     Range("A1:A2").HorizontalAlignment = xlDistributed
End Sub

VBAセル文字配置

VBAセル文字配置

 

縦位置を設定する

「上詰め」にしてみます。

Sub test()
     Range("A1:A2").VerticalAlignment = xlTop
End Sub

VBAセル文字配置

VBAセル文字配置

 

「中央揃え」にしてみます。

Sub test()
     Range("A1:A2").VerticalAlignment = xlCenter
End Sub

VBAセル文字配置

VBAセル文字配置

 

「下詰め」にしてみます。

Sub test()
     Range("A1:A2").VerticalAlignment = xlBottom
End Sub

VBAセル文字配置

VBAセル文字配置

 

「両端揃え」にしてみます。

Sub test()
     Range("A1:A2").VerticalAlignment = xlJustify
End Sub

VBAセル文字配置

VBAセル文字配置

 

「均等割り付け」にしてみます。

Sub test()
     Range("A1:A2").VerticalAlignment = xlDistributed
End Sub

VBAセル文字配置

VBAセル文字配置

 

横も縦も同時に設定したい場合は「With」ステートメントを使うと便利です。

Sub test()
     With Range("A1:A2")
        .HorizontalAlignment = xlDistributed
        .VerticalAlignment = xlDistributed
    End With
End Sub

VBAセル文字配置

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ