ExcelVBA文字制御

Excel VBAでセルの文字の制御(折り返して全体を表示する、縮小して全体を表示する、セルを結合する)の設定方法を記録します。

折り返して全体を表示するのは「WrapText」プロパティ、縮小して全体を表示するのは「ShrinkToFit」プロパティ, セルを結合するのは「MergeCells」プロパティを使います。

< スポンサーリンク >





折り返して全体を表示する

A1のセルを折り返して全体を表示してみます。

Sub test()
     Range(“A1”).WrapText = True
End Sub

VBAセル文字制御

VBAセル文字制御

 

縮小して全体を表示する

A1のセルを縮小して全体を表示してみます。

Sub test()
     Range(“A1”).ShrinkToFit = True
End Sub

VBAセル文字制御

VBAセル文字制御

 

セルを結合する

A1~B2のセルを結合してみます。

Sub test()
     Range(“A1:B2”).MergeCells = True
End Sub

VBAセル文字制御

VBAセル文字制御

 

一度に設定したい場合は「With」ステートメントを使うと便利です。

※「WrapText」(折り返して全体を表示)と「ShrinkToFit」(縮小して全体を表示)を同時に設定すると「WrapText」(折り返して全体を表示)が優先されます。

VBAセル文字制御

 

構文

折り返して全体を表示する

Rangeオブジェクト.WrapText = True or False

True = する
False = しない

 

縮小して全体を表示する

Rangeオブジェクト.ShrinkToFit = True or False

True = する
False = しない

 

セルを結合する

Rangeオブジェクト.MergeCells = True or False

True = する
False = しない

 

 

< スポンサーリンク >