VBA Excelのウインドウの高さと幅のサイズを設定する-Height、Width

Excelのウインドウサイズの高さや幅を設定する記録です。

下図は、Excel2016です。

ExcelWindowサイズ

 

< スポンサーリンク >

 

構文

高さ

式.Height

Microsoft Excelのウィンドウの高さをポイント単位で表す倍精度浮動小数点型(Double)の値を取得または設定。

 

式.Width

Microsoft Excelのウィンドウの左端から右端までの距離をポイント単位で表す倍精度浮動小数点型(Double)の値を取得または設定。

 

式=Applicationオブジェクト。
ポイント=1/72インチ。約0.35ミリ。

ウィンドウが最小化(アイコン化)されている時は、このプロパティは値の取得のみ可能で、アイコンの高さや幅を返します。ウィンドウが最大化されている時は、このプロパティを設定することはできません。現在のウィンドウの状態を判別するには、WindowStateプロパティを使用します。

 

Excelのウインドウの高さを300ポイントに設定します。

Sub test()
    Application.Height = 300
End Sub

ExcelWindowサイズ

ExcelWindowサイズ

 

Excelのウインドウの幅を300ポイントに設定します。

Sub test()
    Application.Width = 300
End Sub

ExcelWindowサイズ

ExcelWindowサイズ

 

ウィンドウのサイズが最大化されていたら、標準サイズにし、高さを400ポイント、幅を400ポイントに設定してみます。

Sub test()
    With Application
        If .WindowState = xlMaximized Then
            .WindowState = xlNormal
            .Height = 400
            .Width = 400
        End If
    End With
End Sub

ExcelWindowサイズ

ExcelWindowサイズ

ExcelWindowサイズ

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ