Excel 数値や日付を書式を指定して表示する-TEXT関数

セルとセルとの値を「&」などで繋げた場合、元のデータの書式が反映されませんよね。

Excel関数TEXT

 

日付や金額など、書式を指定して表示したい時は、TEXT関数を使うと便利です。

< スポンサーリンク >

 

下図はExcel2016です。

 

関数

TEXT 関数は、数値を文字列に変換し、特別な書式文字列を使用して書式設定を指定できるようにします。この関数は、数値を読みやすい書式で表示する場合、または数値を文字列や記号と結合する場合に便利です。

TEXT(値, 表示形式)

値=必須。数値、数値に評価される数式、または数値を含むセルへの参照を指定。

表示形式=必須。数値書式を、"m/d/yyyy" や "#,##0.00" など、引用符で囲んだテキスト文字列として指定。

 

注意:TEXT関数は、数値を文字列に変換します。そのため、後の計算で参照するのが困難になる可能性があります。1つのセルに元の値を別のセルでTEXT関数を使用することをお勧めします。この後、他の数式を作成する必要がある場合は必ず、TEXT関数の結果ではなく、元の値を参照するようにします。

 

A1とB1を結合し、B1の値の書式を和暦で表示されるようにしています。

=A1&":"&TEXT(B1,"ggge年m月d日")

※私のPCはオフラインなので「令和」に変わっていません。

Excel関数TEXT

 

A1とB1を結合し、B1の値の書式を通貨で表示されるようにしています。

=A1&":"&TEXT(B1,"\#,##0")

Excel関数TEXT

 

TODAY関数を曜日で表示しています。

=TEXT(TODAY(),"aaa")

Excel関数TEXT

 

現在の時刻をAM、PMの形式で表示しています。

=TEXT(NOW()<"H:MM AM/PM")

Excel関数TEXT

 

小数点第1位の%で表示しています。

=TEXT(A1,"0.0%")

Excel関数TEXT

 

電話番号の形式で表示しています。

=TEXT(A1,"[<=9999999]###-####;(###) ###-####")

Excel関数TEXT

 

数値を頭から0で埋めて6桁の形式で表示しています。

=TEXT(A1,"000000")

Excel関数TEXT

 

セルの書式設定にあるユーザー定義を使う

セルの書式設定のユーザー定義を利用することもできます。

セル上で右クリック>[セルの書式設定]をクリックします。

Excel関数TEXT

 

[表示形式]タブ>「ユーザー定義」>[種類]の中から利用したい形式を選択します。

Excel関数TEXT

 

[種類]欄にある表示形式をコピーし、[キャンセル]をクリックします。 

Excel関数TEXT

 

TEXT関数の表示形式の部分に貼り付けます。

Excel関数TEXT

 

出来ました。

Excel関数TEXT

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ