Excel 文字列を結合する-CONCATENATE関数

別々のセルに入っている文字(姓と名、県と住所など)を1つに結合したい時があります。

別々の文字を結合するにはCONCATENATE関数を使います。

< スポンサーリンク >

 

CONCATENATE関数の使い方を記録します。

 

関数

CONCATENATE(文字列1,[文字列2],...)

文字列1は必須。結合する最初の文字列。テキスト、数値、セル参照のいずれかを指定。

文字列2以降は省略可能。

最大で255個の項目、合計8,192文字を指定できます。

 

A1に姓、B1に名が入力されていて、C1に「姓+全角スペース+名」と結合しています。

Excel関数CONCATENATE

 

A1に郵便番号、B1に住所が入力されていて、C1に「郵便番号+住所」と結合しています。

Excel関数CONCATENATE

 

関数を使わずに結合する

関数を使わなくても結合できます。

結合したい文字と文字の間に「&」を入力すると結合できます。

Excel関数CONCATENATE

Excel関数CONCATENATE

 

私は関数を使わず「&」で結合することが多いです。

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ