Excel 関数を使って時刻を時、分、秒とバラバラに取得する

Excelで時刻を時、分、秒とバラバラにHOUR関数、MINUTE関数、SECOND関数を使って取得する方法を記録します。

< スポンサーリンク >

 

関数

時刻の時間を取得します。

HOUR(シリアル値)

シリアル値必須。検索する時が含まれている時刻を指定します。 時刻には、半角の二重引用符 (") で囲んだ文字列 ("6:45 PM"など)、小数 (6:45PMを表す0.78125)、または他の数式や関数の結果 (TIMEVALUE("6:45 PM") など) を指定します。
戻り値は0(午前0時)~23(午後11時)の範囲の整数。

 

時刻の分を取得します。

MINUTE(シリアル値)

シリアル値必須。指定方法はHOUR関数と同じ。
戻り値は0(分)~59(分)の範囲の整数。

 

時刻の秒を取得します。

SECOND(シリアル値)

シリアル値必須。指定方法はHOUR関数と同じ。
戻り値は0(秒)~59(秒)の範囲の整数。

 

 

セルA1に入力されている日付時刻からB1に時、C1に分、D1に秒を表示します。

B1

=HOUR(A1)

C1

=MINUTE(A1)

D1

=SECOND(A1)

Excel関数時分秒

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ