Excel ユーザーフォームのコマンドボタンの位置を変更する-Top、Left

Excelで、ユーザーフォームのコマンドボタンの位置を好きな場所に変更する記録です。

下図はExcel2016です。

Excelユーザーフォームボタン位置

 

< スポンサーリンク >

 

プロパティで設定

VBE上でコマンドボタンをアクティブにし、プロパティウィンドウのボタンをクリックします。

Excelユーザーフォームボタン位置

 

左から70ポイントにしてみます。

プロパティウィンドウの[Left]欄に「70」と入力します。

Excelユーザーフォームボタン位置

 

上から90ポイントにしてみます。

プロパティウィンドウの[Top]欄に「90」と入力します。

Excelユーザーフォームボタン位置

 

ユーザーフォームを実行すると、ボタンの位置が左から70ポイント、上から90ポイントになっています。

Excelユーザーフォームボタン位置

 

VBAで設定

Initializeイベントを使って、コマンドボタンの位置を変更してみます。

ユーザーフォームをダブルクリックします。

Excelユーザーフォームボタン位置

 

右側のプロシージャボックスで「Initialize」を選択します。

Excelユーザーフォームボタン位置

 

コマンドボタンの位置を左から100ポイント、上から95ポイントに設定するコードです。。

Private Sub UserForm_Initialize()
    With CommandButton1
        .Left = 100
        .Top = 95
    End With
End Sub

Excelユーザーフォームボタン位置

Excelユーザーフォームボタン位置

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ