Deactivate

Excel VBAでシートがアクティブではなくなった時に操作する記録です。

下図は、Excel2016です。

 

< スポンサーリンク >



 

構文

Worksheetオブジェクト.Deactivate

ワークシート、グラフまたはブックが非アクティブになったときに発生します。

戻り値:Nothing

 

Sheet2がアクティブではなくなった時に「シート名がアクティブではなくなりました」とメッセージで表示してみます。

 

VBEを開き、Sheet2のシートモジュールになっていることを確認します。

Deactivate

 

VBEでオブジェクト欄の「(General)」と表示してあるプルダウンの部分を「Wordsheet」を選択し、プロシージャ欄を「Deactivate」を選択します。

Deactivate

 

「Private Sub Worksheet_SelectionChange・・・End Sub」の部分は必要ないので削除します。

Deactivate

 

シートが非アクティブになったときに該当のシート名が「アクティブではなくなりました」のメッセージが表示されるようにします。

Private Sub Worksheet_Deactivate()
    MsgBox Me.Name & “がアクティブではなくなりました”
End Sub

Deactivate

 

Sheet2から別のシートになったときにメッセージが表示されました。

Deactivate

Deactivate

 

< スポンサーリンク >