< スポンサーリンク >

Excel VBA 最終行、最終列を取得する

ExcelでVBAを使っていると、シートの最終行、最終列を取得して操作したいことが頻繁にありますよね。

 

最終行を取得する

あるセルから下に向かって最終行を取得する

B2を基準に下に向かって最終行の番号を取得してみます。

セル番号

 

VBEに次のように書き込みます。

Sub test1()
    MsgBox Range("B2").End(xlDown).Row
End Sub

 

書き込んだVBAを実行すると、最終行のセルの行番号がメッセージで表示されます。

セル番号

 

何も入っていないセルがある場合は、連続で入力されている最終行のセルの行番号が表示されます。

セル番号

 

シートの最終行を取得する

シートの最終行の番号を取得してみます。

セル番号

 

VBEに次のように書き込みます。

Sub test2()
    MsgBox Cells.SpecialCells(xlCellTypeLastCell).Row
End Sub

 

書き込んだVBAを実行すると、最終行のセルの行番号がメッセージで表示されます。

セル番号

 

「SpecialCells(xlCellTypeLastCell)」はシートで使われている最後のセルを取得するので、書式が設定されているセルがある場合、そのセルの行番号が表示されます。

セル番号

 

最終列を取得する

あるセルから右に向かって最終列を取得する

B4を基準に右に向かって最終列の番号を取得してみます。

セル番号

 

VBEに次のように書き込みます。

Sub test3()
    MsgBox Range("B4").End(xlToRight).Column
End Sub

 

書き込んだVBAを実行すると、最終列のセルの列の番号がメッセージで表示されます。
※列番号はA列が1、B列が2、C列が3・・・と順番になります。

セル番号

 

何も入っていないセルがある場合は、連続で入力されている最終列のセルの番号が表示されます。

セル番号

 

シートの最終列を取得する

シートの最終列の番号を取得してみます。

セル番号

 

VBEに次のように書き込みます。

Sub test4()
    MsgBox Cells.SpecialCells(xlCellTypeLastCell).Column
End Sub

 

書き込んだVBAを実行すると、最後のセルの列の番号がメッセージで表示されます。

セル番号

 

「SpecialCells(xlCellTypeLastCell)」はシートで使われている最後のセルを取得するので、書式が設定されているセルがある場合、そのセルの列の番号が表示されます。

セル番号

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ