< スポンサーリンク >

ExcelのマクロとVBAの違いは?

Excelって非常に便利なので大好きなソフトです!

ついでにマクロやVBAを使うともっと便利!
でも、「マクロ」と「VBA」って何が違うんでしょうね?

マクロ=操作させたい手順を記憶させ自動的に実行させる機能

例えば、

「毎日この表を集計や印刷をしないといけない」
「毎月この表からこっちの表にデータを転記しないといけない」

いつもいつも決まった操作をしている場合は
その操作手順をマクロに記憶させておくとマクロを実行するだけで
簡単に同じ操作ができちゃいます

VBA=Excelに付属しているプログラム言語
(Visual Basic for Applicationsの略)
私はマクロの中身だと解釈しています

「マクロの記録」というボタンを押し、覚えさせたい操作を一通り操作し
「記録終了」というボタンを押すと、標準モジュールの中に
プログラム的(VBA)なものが書かれています

作業を自動化させることは「マクロの記録」でも十分ですが
VBAを自分で書き込んでいくと、とんでもなく自動化させることができます

ちょっぴり難しく感じちゃうこともありますが
私がちょっとずつ勉強してきたことを書き綴ろうと思います

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ