< スポンサーリンク >

IIS10に仮想ディレクトリを設定する - Windows Server 2016

IISが公開するディレクトリは、規定で「C:\inetpub\wwwroot」です。

うちの職場では沢山のWebシステムをPHPで作っているのでCドライブではなく、DドライブにPHPスクリプトを保存しておきたいです。 

 

Dドライブに「WEBscript」というフォルダを作成し、IISで仮想ディレクトリに設定した時の記録です。

※うちの職場はローカルネットワーク環境です。

 

仮想ディレクトリ用のディレクトリを作成し権限を設定

Dドライブに「WEBscript」というフォルダを作成します。

フォルダ

 

作成したフォルダを右クリックし、[プロパティ]をクリックします。

フォルダ

 

[編集]をクリックします。

フォルダ

 

[追加]をクリックします。

フォルダ

 

[場所の指定]がコンピュータ名になっていることを確認し、違う場合は[場所]ボタンから変更します。

フォルダ

 

[選択するオブジェクト名を入力してください]の欄に

iis_iusrs

と入力し、[名前の確認]をクリックします。

フォルダ

 

コンピュータ名\IIS_IUSRS

となっていたら[OK]をクリックします。

フォルダ

 

IIS_IUSRSが追加されました。[OK]をクリックします。

フォルダ

 

[OK]をクリックします。

フォルダ

 

IISの設定

IISを起動し、[コンピュータ名]>[サイト]>[Default Web Site]の順に展開していき、[Default Web Site]を右クリックします。

IIS設定

 

[仮想ディレクトリの追加]をクリックします。

IIS設定

 

URLの「http://IPアドレス/*****/」の*****部分を[エイリアス]欄に入力(仮にweb-testとします)し、[・・・]をクリックします。

IIS設定

 

Dドライブの[WEBscript]フォルダを選択し、[OK]をクリックします。

IIS設定

 

[OK]をクリックします。

IIS設定

 

追加されました。

IIS設定

 

テスト用のhtmlファイルを作成します。

html

 

[D:\WEBscript]フォルダの中に「test.html」という名前で保存します。

フォルダ

 

ブラウザで「http://IPアドレス/web-test/test.html」と入力しEnterを押すと表示されました。

ブラウザ

 

仮想ディレクトリ設定の成功です。

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ