Excel 文字を別の文字に置換する-SUBSTITUTE関数

Excelで姓名の姓と名の間に空白があるのを空白がないようにしたり、文字を別の文字に置換して表示する方法を記録します。

文字を別の文字に置換する場合は、SUBSTITUTE関数を使います。

< スポンサーリンク >

 

文字列中の特定の位置にある文字を他の文字に置換したい場合はこちら『Excel 文字の○番目からの文字を置換する-REPLACE関数

 

下図はExcel2016です。

 

関数

文字列中の指定された文字列を他の文字列に置き換えます。

SUBSTITUTE(文字列, 検索文字列, 置換文字列, [置換対象])

文字列=必須。置き換える文字を含む文字列またはセル参照を指定。

検索文字列=必須。置換する文字列を指定。

置換文字列=必須。検索文字列を検索して置き換える文字列を指定。

置換対象=省略可能。検索文字列に含まれるどの文字列を置換文字列と置き換えるかを指定。置換対象を指定した場合、検索文字列中の置換対象文字列だけが置き換えられます。 指定しない場合、検索文字列中のすべての文字列が置換文字列に置き換えられます。

 

文字の空白文字を空文字に置換します。

=SUBSTITUTE(A1," ","")

Excel関数SUBSTITUTE

 

置換対象を省略した場合は、検索文字列のすべてが置換されます。

=SUBSTITUTE(A1,"あ","a")

Excel関数SUBSTITUTE

 

置換対象を3に指定してみました。3番目の検索文字列だけが置換されました。

=SUBSTITUTE(A1,"あ","a",3)

Excel関数SUBSTITUTE

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ