Excel セルの値がTRUEかFALSE(論理値)かどうかを調べる-ISLOGICAL関数

Excelでデータを入力されているものがTRUEまたはFALSE(論理値)で入力されているかどうかを調べる方法を記録します。

Excel関数islogical

下図はExcel2016です。

 

< スポンサーリンク >

 

関数

対象が論理値(TRUE または FALSE)の場合に TRUE を返し、そうでない場合は FALSE を返します。

ISLOGICAL(テストの対象)

テストの対象=必須。テストするデータを指定します。引数には、セル、数式、またはセル、数式、値を参照する名前を指定することができます。

 

B列に、A列に入力されているものが論理値かどうかを表示します。

=ISLOGICAL(セル番地)

Excel関数islogical

A6、A7は論理値なのでTRUEが表示され、それ以外は論理値ではないのでFALSEが表示されています。

 

この関数をVBAで使いたい場合はこちら
Excel VBAでISLOGICAL関数を使って論理値かどうかを判断する

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ