Excel 奇数かどうかをISODD関数を使って調べる

Excelで数値が奇数かどうかを調べる方法を記録します。

奇数かどうかを調べるには「ISODD」関数を使います。

< スポンサーリンク >





ISODD関数

数値が奇数のとき「TRUE」を返し、奇数ではないとき「FALSE」を返します。

ISODD(数値)

数値=必須。数値が整数でない場合は、小数点以下が切り捨てられます。

※数値に数値以外の値を指定すると、エラー値「#VALUE!」が返されます。

 

ISODD関数の使用例

下図は、B列にA列の数値を引数に指定しています。

=ISODD(A1)

Excel関数isodd

 

下図は、B列にA列の数値を引数に指定し、IF関数を使って、「結果が奇数の時は”奇数”、奇数ではない時は”奇数ではない”」と表示させています。

=IF(ISODD(A1)=TRUE,”奇数”,”奇数ではない”)

Excel関数isodd

 

このISODD関数をVBAで使いたい場合はこちら↓

 

 

< スポンサーリンク >