< スポンサーリンク >

Excel VBA 変数って何?

Excel VBA変数とは

データを一時的に格納するための名前をつけたメモリ上の場所!

箱のようなものをイメージするとわかりやすいかもしれないですね。

vba,変数

変数の名前は、文字(英数字、漢字、ひらがな、カタカナ)とアンダースコアが使用でき、スペースや記号は使用できません。

変数の名前の先頭の文字は、英字、漢字、ひらがな、カタカナのいずれかでないとダメです。

変数の名前は半角で255文字以内の制限があります。

変数にはデータ型を指定することができ、変数に格納されるデータはプログラムの実行中に変更することができます。

 

変数の使い方

変数は変数に値を代入する前に「変数の宣言」をします。

変数の宣言

変数を1つだけ宣言する場合

Dim 変数名 As データ型

複数の変数をまとめて宣言する場合は、「,(カンマ)」で変数を区切ります。

Dim 変数1 As データ型, 変数2 As データ型, 変数3 As データ型

 

変数へ値を代入する

変数に値を代入するには「=」を使います。

数学の「=」の右辺と左辺が同じという意味とは違い、左辺の変数に右辺の値を代入するという意味です。

変数 = 値

 

例(数値を代入する)

100円の商品を5個分の合計を求め、ダイアログボックスにメッセージを出してみます。
 x が商品単価
 y が個数
 a が合計

Sub 合計()
  Dim x As Integer, y As Integer, a As Integer
  x = 100
  y = 5
  a = x * y
  MsgBox a
End Sub

これを実行すると、下図のようにダイアログボックスが表示されます。

vba,変数

 

例(文字を代入する)

変数に文字を代入しメッセージを出してみます。

※文字を代入するときは文字を半角のダブルクォーテーション(")で囲みます。

Sub 文字()
  Dim a As String
  a = "あいうえお"
  MsgBox a
End Sub

これを実行すると、下図のようにダイアログボックスが表示されます。

vba変数文字

 

例(日付を代入する)

変数に日付を代入しメッセージを出してみます。

※日付を代入するときは半角のシャープ(#)で囲みます。

Sub 日付()
  Dim a As String
  a = #12/1/2018#
  MsgBox a
End Sub

これを実行すると、下図のようにダイアログボックスが表示されます。

vba変数日付

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ