ファイル種類指定

Excel VBAで名前を付けて保存をする時に、ファイルの種類(xlsxやxlsm)を指定して保存する方法の記録です。

名前を付けて保存は「SaveAs」メソッド、ファイルの種類の指定はパラメーターの「FileFormat」を使います。

下図は、Excel2016です。

< スポンサーリンク >





自分のブック「test.xls」(保存形式Excel97-2003ブック)で、同じフォルダに、新しい名前「test2」を付けて「.xlsm」(マクロ有効ブック)で保存します。

ファイルの種類の既定値はこちらです。

※ファイルの種類を指定するので、ファイル名には拡張子は付けていません。拡張子を付けるとFileFormatより拡張子が優先されるようです。

Sub test()
    Dim wb As Workbook
    Dim myPath As String

    Set wb = ThisWorkbook
    myPath = wb.Path

    wb.SaveAs Filename:=myPath & “\test2”, FileFormat:=xlOpenXMLWorkbookMacroEnabled
End Sub

FileFormat

 

実行前フォルダ

実行前フォルダ

実行後フォルダ

実行後フォルダ

 

< スポンサーリンク >