Excel VBA セルの文字を縦書きにしたり斜めや横にする

Excel VBAでセルの文字を縦書きにしたり斜めや横にする方法を記録します。

文字の方向を変えるには「Orientation」プロパティを使います。

< スポンサーリンク >





「Orientation」プロパティ構文

Rangeオブジェクト.Orientation = 定数 or 角度の数値

 

定数

定  数文字の方向
 xlDownward 右へ90度回転
 xlHorizontal 水平方向
 xlUpward 左へ90度回転
 xlVertical 文字列は下向きでセルの中央に配置

 

定数を使う

右へ回転

右へ90度回転してみます。

Sub test()
     Range(“A1”).Orientation = xlDownward
End Sub

VBAセル文字方向

VBAセル文字方向

 

水平にする

水平方向です。

Sub test()
     Range(“A1”).Orientation = xlHorizontal
End Sub

VBAセル文字方向

VBAセル文字方向

 

左へ回転

左へ90度回転してみます。

Sub test()
     Range(“A1”).Orientation = xlUpward
End Sub

VBAセル文字方向

VBAセル文字方向

 

縦書き

文字列は下向き(縦書き)でセルの中央に配置してみます。

Sub test()
     Range(“A1”).Orientation = xlVertical
End Sub

VBAセル文字方向

VBAセル文字方向

 

数値を使って角度を指定

90度に指定

90度を指定します。

Sub test()
     Range(“A1”).Orientation = 90
End Sub

VBAセル文字方向

VBAセル文字方向

 

45度に指定

45度を指定します。

Sub test()
     Range(“A1”).Orientation = 45
End Sub

VBAセル文字方向

VBAセル文字方向

 

0度に指定

0度を指定します。

Sub test()
     Range(“A1”).Orientation = 0
End Sub

VBAセル文字方向

VBAセル文字方向

 

-45度に指定

-45度を指定します。

Sub test()
     Range(“A1”).Orientation = -45
End Sub

VBAセル文字方向

VBAセル文字方向

 

-90度に指定

-90度を指定します。

Sub test()
     Range(“A1”).Orientation = -90
End Sub

VBAセル文字方向

VBAセル文字方向

 

 

< スポンサーリンク >