Excel 文字が何文字かを数える-LEN関数

セルに入力されている文字数が何文字かを数える方法を記録します。

文字数を数えるにはLEN関数を使います。

< スポンサーリンク >

 

下図はExcel2016です。

 

関数

LEN(文字列)

LEN関数は、文字列の文字数を返します。

LENB(文字列)

LENB関数は、文字列のバイト数を返します。

文字列は必須。 文字数またはバイト数を調べる文字列を指定します。スペースは文字として数えられます。

 

LENB関数では、既定の言語としてDBCS言語が設定されている場合にのみ、1文字が2バイトとしてカウントされます。それ以外の場合は、LENと同様、1文字あたり1バイトとしてカウントされます。

DBCSをサポートする言語には、日本語、簡体字中国語、繁体字中国語、および韓国語があります。

 

A列の文字列の文字数を数える式をB列に入力しています。

=LEN(A1)

Excel関数LEN

全角も半角も5文字になっています。

 

A列の文字列のバイト数を数える式をB列に入力しています。

=LENB(A1)

Excel関数LEN

全角は1文字で2バイト、半角は1文字で1バイトで表示されています。

 

サンプル

複数のセル範囲で最大文字数、最小文字数を表示する

最大文字数を表示させるには、LEN関数とMAX関数の2つを使います。

MAXの引数にLEN関数を。LEN関数の引数にセル範囲を指定し

=MAX(LEN(A1:A8))

と入力し、Enterを押す時にCtrlキー+Shiftキー+Enterキーと3つ同時に押します。

Excel関数LEN

 

最大文字数が表示されました。

式の前後に { } がついて配列数式になっています。Enterだけでは正しい結果にはなりません。

Excel関数LEN

 

最小文字数を表示する場合はMIN関数を使います。

Excel関数LEN

 

半角の入力チェック

LENB関数は半角で入力したい郵便番号や電話番号の入力チェックに使えます。

Excel関数LEN

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ