Excel ユーザーフォームのテキストボックスの初期値を設定する-Value、Text

Excelで、ユーザーフォームを開く度にテキストボックスに、いつも同じを表示しておきたい時があります。

特定の文字だったり、日付だったり、、、そんなときの記録です。

下図はExcel2016です。

Excelユーザーフォームテキストボックス初期値

 

< スポンサーリンク >

 

プロパティで設定

テキストボックスをアクティブにし、プロパティウィンドウのボタンをクリックします。

Excelユーザーフォームテキストボックス初期値

 

プロパティウィンドウの「Text」欄または「Value」欄に表示しておきたい値を設定します。
※テキストボックスの場合、「Text」でも「Value」でも、どちらでもOKです。

Excelユーザーフォームテキストボックス初期値

 

ユーザーフォームを実行すると、設定された値が入っています。

Excelユーザーフォームテキストボックス初期値

 

VBAで設定

VBAで設定するには、Initializeイベントを使います。

ユーザーフォームをダブルクリックします。

Excelユーザーフォームテキストボックス初期値

 

右側のプロシージャボックスで「Initialize」を選択します。

Excelユーザーフォームテキストボックス初期値

 

下記のように書きます。
※Valueプロパティではなく、Textプロパティでもいいと思いますが、私の感覚はValueがしっくりくるので、いつもValueを使います。

Private Sub UserForm_Initialize()
    TextBox1.Value = "sasisuseso"
End Sub

Excelユーザーフォームテキストボックス初期値

 

ユーザーフォームを実行すると、設定された値が入っています。

Excelユーザーフォームテキストボックス初期値

 

日付などの関数を使いたい場合

年、月、日など関数を使いたい場合は、プロパティウインドウで設定しても、関数が文字として表示されるだけなので、VBAを使います。

Excelユーザーフォームテキストボックス初期値

Excelユーザーフォームテキストボックス初期値

Excelユーザーフォームテキストボックス初期値

 

Private Sub UserForm_Initialize()
    TextBox1.Value = Year(Date)
    TextBox2.Value = Month(Date)
    TextBox3.Value = Day(Date)
End Sub

Excelユーザーフォームテキストボックス初期値

Excelユーザーフォームテキストボックス初期値

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ