Excel VBA 日付かどうか判断する-IsDate関数

Excel VBAで日付かどうかを判断する記録です。

下図はExcel2016です。

VBAisdate

 

< スポンサーリンク >

 

構文

式が日付であるか、有効な日付または時刻として認識可能な場合にはTrueを返し、それ以外の場合にはFlaseを返します。

IsDate(date)

date=必須。日付または時刻として認識可能な日付式あるいは文字列式を指定。

Windowsで有効な日付範囲は、西暦100年1月1日から西暦9999年12月31日です。この範囲はオペレーティングシステムによって異なります。

 

変数a、bには日付として認識できる値を代入し、変数cには日付として認識できない値を入力し、デバッグしてみました。
変数a、bはTrue、変数cはFalseになりました。

Sub test()
    Dim a As Date
    Dim b As String
    Dim c As String

    a = #11/19/2019#
    b = "2019/11/19"
    c = "11月19日(火)"

    Debug.Print IsDate(a)
    Debug.Print IsDate(b)
    Debug.Print IsDate(c)
End Sub

VBAisdate

VBAisdate

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ