Microsoftの「Process Explorer」を使ってみる

PCがウィルスチェックでマルウェアがあると診断され対処しようと、トレンドマイクロの情報を見ていたら

「すべての実行中プロセスが、Windows のタスクマネージャに表示されない場合があります。この場合、"Process Explorer" などのツールを使用しマルウェアのファイルを終了してください。」

と書いてあったので、「Process Explorer」を使ってみました。

 

< スポンサーリンク >

 

Windows7です。

 

ダウンロードと日本語化

https://docs.microsoft.com/ja-jp/sysinternals/downloads/process-explorer

にアクセスし、ファイルをダウンロードします。

Process Explorer

 

ダウンロードしたファイルは圧縮されているので、解凍します。

Process Explorer

 

解凍されました。

Process Explorer

 

解凍されたフォルダの中を開いてみました。
「procexp.exe」が32bit用、「procexp64.exe」が64bit用でしょうか。

Process Explorer

 

日本語化するためにパッチを当てます。

https://wwwcfe.hatenablog.com/entry/20100327/processexplorer

にアクセスし、「Process Explorer」と同じバージョンのファイルをダウンロードします。

Process Explorer

 

ダウンロードしたファイルは圧縮されているので、解凍します。

Process Explorer

 

解凍されました。

Process Explorer

 

解凍した日本語化パッチのフォルダの中の「processexplorer_ja.EXE」を「Process Explorer」のフォルダの中に入れます。

Process Explorer

 

「processexplorer_ja.EXE」をダブルクリックします。

Process Explorer

 

「正常終了」とメッセージが出ました。これで日本語で表示されるので有り難いですね。

Process Explorer

 

「procexp.OLD」は日本語化した時のバックアップだそうです。

Process Explorer

 

使ってみる

「procexp.exe」をダブルクリックで起動します。

Process Explorer

 

実行中のプロセスが表示されています。

Process Explorer

 

プロセスを終了させるときは、プロセスを選択して、[プロセスの終了]ボタンをクリックします。

Process Explorer

 

このようなメッセージが出るので、[OK]をクリックするとプロセスが終了します。

Process Explorer

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ