WordPressDB Table

今回は、WordPressのデータベースのテーブル「wp_posts」を考えてみます。

なぜ考えるかというと
今までのHTMLの記事をWordPressのデータベースに登録していこうと思っているから!

HTMLの記事はMODXのデータベースに入っています。

なので、違いを考えてみなければいけない!

 

< スポンサーリンク >



 

とりあえず、WordPressの記事用テーブル「wp_posts」をエクスポートしてみました。

tbl_wp_posts
フィールド 種別 説明
ID bigint(20) unsigned 投稿ID(保存順に自動採番)
post_author bigint(20) unsigned 投稿者のユーザID
post_date datetime 投稿日時
post_date_gmt datetime 投稿日時(GMT)
post_content longtext 本文
post_title text タイトル
post_excerpt text 抜粋オプション
post_status varchar(20) 投稿ステータス
comment_status varchar(20) コメントステータス
ping_status varchar(20) ピン・ステータス
post_password varchar(20) 閲覧パスワード
post_name varchar(200) 投稿スラッグ
to_ping text  
pinged text ピン通知済み URL
post_modified datetime 更新日時
post_modified_gmt datetime 更新日時(GMT)
post_content_filtered longtext  
post_parent bigint(20) unsigned 親ID
guid varchar(255)  
menu_order int(11) ページの表示順
post_type varchar(20) 投稿種別
post_mime_type varchar(100) 添付ファイルのとき MIMEタイプ(image/png など)
comment_count bigint(20) コメント数

MODXの記事用テーブル「site_content」もエクスポートしてみた。

tbl_site_content
カラム名 対象 備考
id リソースID 自動
type リソースタイプ document,reference
contentType コンテントタイプ application/rss+xml,application/pdf,application/vnd.ms-word,application/vnd.ms-excel,text/html,text/css,text/xml,text/javascript,text/plain,application/json
pagetitle リソース名 ページのタイトル
longtitle 長いタイトル 管理に用いるページタイトルとコンテンツに用いるタイトルを区別したい場合に使う
description 説明(description) metaタグのdescription属性として使う
alias エイリアス フレンドリーURL設定が有効な場合、URL表現に用いられる
link_attributes リンク属性 現在利用不可
published 公開ステータス 0=off,1=on
pub_date 公開予定日時 UNIXTIME形式
unpub_date 公開終了日時 UNIXTIME形式
parent 親リソース 親リソースのID
isfolder コンテナ 0=off,1=on
introtext 要約(序説) 序文・リード文などを配置するタイプのコンテンツに用いる
content 本文 本文
richtext リッチテキストで編集 0=off,1=on
template 使用テンプレート テンプレートID
menuindex メニューオーダー Wayfinderスニペットなどを用いて実装するナビゲーション上での並び順。Dittoでも用いられる
searchable 検索対象に含める 0=off,1=on
cacheable キャッシュ有効 0=off,1=on
createdby 作成メンバー リソースを最初に作成したメンバーID
createdon 作成日時 UNIXTIME形式
editedby 編集メンバー 最も直近で編集したメンバーID
editedon 更新日時 UNIXTIME形式
deleted 削除の状態 0=削除ではない,1=削除
deletedon 削除日時 UNIXTIME形式
deletedby 削除メンバー 削除したメンバーID
publishedon 公開日時 UNIXTIME形式
publishedby 公開メンバー 公開操作を行なったメンバーID
menutitle メニュータイトル ナビゲーション用の短いタイトル
donthit ログ記録の対象 MODX本体にはアクセスログを記録する機能はない
haskeywords 関連キーワード 関連キーワードを持っているかどうかを示す。現在のMODXでは非推奨
hasmetatags 関連meta要素 関連するmeta要素を持っているかどうかを示す。現在のMODXでは非推奨
privateweb リソースグループ アクセス権限:ウェブユーザグループと紐付いたリソースグループに属しているかどうか
privatemgr リソースグループ アクセス権限:管理メンバーグループと紐付いたリソースグループに属しているかどうか
content_dispo コンテントディスポジション 通常はブラウザのウィンドウ内にデータを出力するが、ダウンロードダイアログを通じてデータをファイルとして渡すこともできる
hidemenu メニューに表示 0=on,1=off

公開日がWordPressはdatetimeだしGMTまである、MODXはUNIXTIME形式。。。

簡単に移行はできないようですね。

1つ1つ記事をアップするかな・・・

 

< スポンサーリンク >