WordPress自作プラグイン

WordPressでブログを運用していると、必要なプラグインを探しても多すぎて見つけることができない!でも欲しい!

そんな時は、自作プラグインを作りたくなりますよね。

自作プラグインで最低限必要なフォルダ、ファイルの準備とインストール方法の記録です。

< スポンサーリンク >





必要なフォルダとファイルを準備する

自作プラグインを保存するフォルダを作り、そのフォルダの中にフォルダ名と同じ名前のPHPファイルを保存します。

フォルダ名は世の中にあるプラグインとかぶらないように、唯一無二のものにし、スペースなど入れないようにします。

例)lilia-plugin-test

自作プラグインフォルダ

 

ファイル名は「フォルダ名」+「.php(拡張子)」にします。

例)lilia-plugin-test.php

自作プラグインファイル名

 

ファイルの中身は、テキストエディタでプラグイン情報を書き、UTF-8で保存します。

<?php
/*
Plugin Name: lilia Plugin Test
Plugin URI:
Description: プラグインテスト
Version: 1.0
Author: lilia-pc-study
Author URI: https://lilia-study.com/
License: GPL2
*/

自作プラグインファイル
Plugin Name: プラグインの名前
Plugin URI: プラグインの説明と更新を示すページのURI
Description: プラグインの短い説明
Version: プラグインのバージョン番号。例: 1.0
Author: プラグイン作者の名前
Author URI: プラグイン作者のURI
License: ライセンス名の「スラッグ」 例: GPL2

とりあえず、プラグインの情報しか書き込んでいないので、何も動作しませんが、WordPressにインストールしてみます。

プラグインのインストール

自作プラグインはFTPソフトでアップロードしても良いですし、WordPressの画面からもインストールできます。

2つの方法を記録します。

FTPソフトでインストール

FTPソフトで wp-content>pluginsの中にアップロードし、WordPressのプラグイン一覧で有効化します。

自作プラグインFTP

WordPressでインストール

WordPressの画面からインストールしてみます。

プラグイン用のフォルダをzip形式で圧縮します。

自作プラグイン圧縮

 

WordPressで[プラグイン]>[新規追加]をクリックします。

自作プラグイン新規追加

 

[プラグインのアップロード]をクリックします。

自作プラグインアップロード

 

[ファイルを選択]をクリックします。

自作プラグインファイル選択

 

圧縮したファイルを選択し、[開く]をクリックします。

自作プラグインファイル選択

 

[今すぐインストール]をクリックします。

自作プラグインインストール

 

[プラグインを有効化]をクリックします。

自作プラグイン有効化

 

プラグイン一覧に表示されました。

自作プラグインインストール

 

この方法だと、自作プラグインを友人に使ってもらう時でもインストールが簡単ですね。

 

< スポンサーリンク >