php8windows10

Windows10でPHP8を使えるようにしたときの記録です。

端末は
ThinkPad L560 Signature Edition
Intel® Core™ i3-6100U 2.30GHz
RAM 4.00GB
Windows 10 Pro 64bit
IIS10

< スポンサーリンク >





PHP8を導入する前にIISをインストールしておきます。

 

Visual Studio 再頒布可能パッケージインストール

まず、「Visual Studio 2015、2017、および 2019 用 Microsoft Visual C++ 再頒布可能パッケージ」をダウンロードします。

https://aka.ms/vs/16/release/vc_redist.x64.exe

 

ダウンロードしたファイルをダブルクリックします。

Visual Studio

 

「ライセンス条項および使用条件に同意する」にチェックを入れ、[インストール]をクリックします。

Visual Studio

 

インストール中です。

Visual Studio

 

完了したら、[閉じる]をクリックします。

Visual Studio

 

PHP適用

PHP8をダウンロードします。

Windowsでは「Non Thread Safe」のZip版をダウンロードします。

php8windows10

 

ダウンロードしたzipファイルを解凍します。

php8windows10

 

解凍したフォルダの名前を「php」に書き換え、Cドライブ直下に移動します。

php8windows10
php8windows10

 

次にシステム環境変数にphpを設定しておきます。

コントロールパネルを開き、[システムとセキュリティ]をクリックします。

php8windows10

 

[システム]をクリックします。

php8windows10

 

[システムの詳細設定]をクリックします。

php8windows10

 

[環境変数]をクリックします。

php8windows10

 

[システム環境変数]の[Path]を選択し、[編集]をクリックします。

php8windows10

 

[新規]をクリックします。

php8windows10

 

「C:\php」を書き加えて、[OK]をクリックします。

php8windows10

 

[OK]をクリックします。

php8windows10

 

[OK]をクリックします。

php8windows10

 

次に、php.iniの設定をします。

C:\phpをダブルクリックで開きます。

php8windows10

 

「php.ini-production」をコピペします。(念のため)

php8windows10
php8windows10

 

貼り付けた「php – コピー.ini-production」を「php.ini」にファイル名を書き換えます。(※拡張子を表示しておいてください。)

php8windows10

 

色々設定がありますが、私が通常設定するのは下記です。

open_basedir = “C:\inetpub\wwwroot”
fastcgi.impersonate = 1
fastcgi.logging = 0
cgi.force_redirect = 0
cgi.fix_pathinfo=1
extension_dir = “C:\php\ext”
date.timezone = Asia/Tokyo
extension = mbstring
extension = mysqli
mbstring.language = Japanese
mbstring.internal_encoding = UTF-8

php8windows10

 

JITも有効にします。

zend_extension = opcache
opcache.enable_cli = 1

↓この2行は「opcache.enable_cli = 1」の下付近に追記します。

opcache.jit = on
opcache.jit_buffer_size = 100M

 

設定が終了したら、php.iniを上書き保存します。

php8windows10

 

次に、IISの設定をします。

[スタート]>[Windows管理ツール]>[インターネットインフォメーションサービス]でIISマネージャーを起動します。

php8windows10

 

[ハンドラーマッピング]を開きます。

php8windows10

 

[モジュールマップの追加]をクリックします。

php8windows10

 

下図のように入力し、[OK]をクリックします。

php8windows10

 

[はい]をクリックします。

php8windows10

 

PHPが追加されました。

php8windows10

 

[再起動]をクリックし、IISを再起動します。

php8windows10

 

テキストエディタで下のように入力し、「info.php」というファイル名でC:\inetpub\wwwrootフォルダの中にUTF-8で保存します。(※ファイル名は任意)

php8windows10
php8windows10

 

ブラウザで保存したファイルにアクセスしてみて、PHPの設定が表示されたら成功です。

php8windows10

 

< スポンサーリンク >