VBScript メッセージを表示する-MsgBox関数

VBScriptを使ってメッセージを表示する方法を記録します。

下図は、Windows10です。

VBSメッセージ

 

< スポンサーリンク >

 

関数

関数はExcel VBAのMsgBoxと同じ。

Excel VBA メッセージを表示する

 

方法

VBScriptを使ってみます。

「aiueo」とメッセージを表示してみます。

メモ帳を起動し、次のように書きます。

msgbox "aiueo"

VBSメッセージ

 

[ファイル]>[名前を付けて保存]をクリックします。

VBSメッセージ

 

[ファイルの種類]を「すべてのファイル」を選択します。

VBSメッセージ

 

ファイル名に「任意の名前」の後ろに「.vbs」をつけ、[保存]をクリックします。

VBSメッセージ

 

保存されたファイルをダブルクリックします。

VBSメッセージ

 

「aiueo」とメッセージが表示されました。

VBSメッセージ

 

タイトルを表示する

メッセージボックスにタイトルを表示します。

msgbox "aiueo",,"メッセージ"

VBSメッセージ

 

メッセージボックスに「メッセージ」とタイトルが表示されました。

VBSメッセージ

 

「OK」「キャンセル」ボタンを表示する

「OK」「キャンセル」ボタンを表示し、どちらがクリックされたかメッセージで表示します。

res = msgbox("aiueo",,"メッセージ")
msgbox res

VBSメッセージ

 

実行すると、「OK」「キャンセル」ボタンが表示されています。

VBSメッセージ

 

キャンセルをクリックしたので「2」が表示されています。
※『Excel VBA メッセージを表示する』の「戻り値」欄を参照。

VBSメッセージ

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ