< スポンサーリンク >

イベントID2001:「usbperf\Performance キーの "First Counter" 値を読み取れません」が出る-Windows Server 2016

Windows Server 2016のイベントビューアーのアプリケーションログにイベントID 2001「usbperf\Performance キーの "First Counter" 値を読み取れません」のエラーが出ていた時の対処の記録です。

  

エラーの内容

ログの名前:Application
ソース:usbperf
イベントID:2001
レベル:エラー
内容は
usbperf\Performance キーの "First Counter" 値を読み取れません。ステータス コードはデータで戻されました。

event

 

Microsoftのサポートに記事が載っていました。
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/2827538

 

対処

コマンドプロンプトを起動します。

copy■"C:\Windows\inf\usbhub\usbperfsym.h"■"C:\Windows\inf\usbhub\0411\usbperfsym.h"

と入力しEnterを押します。(■は半角スペース)

cmd

 

lodctr■"C:\Windows\inf\usbhub\0411\usbperf.ini"

と入力しEnterを押します。(■は半角スペース)

cmd

 

Perflib の言語キー 009 を開けません
と表示されますが、それでOKだそうです。

cmd

 

イベントビューアーに下記のように表示されていましたので、大丈夫のようですし、上記のエラーも出なくなりました。

「usbhub (@usbport.inf,%ROOTHUB.SvcDesc%;Microsoft USB Standard Hub Driver) サービスのパフォーマンス カウンターを正しく読み込みました。データ セクションのレコード データには、このサービスに割り当てられた新しいインデックス値が含まれています。」

cmd

 

他にもアプリケーションログに下記のようなエラーが出ていましたが、このエラーも出なくなりました。

ログの名前:Application
ソース:Perflib
イベントID:1008
レベル:エラー
内容は
サービス "usbhub" (DLL "C:\Windows\system32\usbperf.dll") の Open プロシージャに失敗しました。このサービスのパフォーマンス データは利用できません。データ セクションの最初の 4 バイト (DWORD) に、エラー コードが含まれています。

event

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ