スクリーンセーバーの設定方法-Windows10

パソコンを一定時間操作しなくなったら、画面を暗くしたり、画像やアニメーションを表示することができる機能をスクリーンセーバーといいます。

スクリーンセーバーを設定しておけば、席を外した時に画面を覗かれることなくなります。

Windows10でスクリーンセーバーを設定する方法を記録します。

< スポンサーリンク >





スクリーンセーバーの設定方法

[スタート]>[設定](歯車マーク)をクリックします。

スタート>設定

 

[個人用設定]をクリックします。

個人用設定

 

[ロック画面]をクリックします。

ロック画面

 

[スクリーンセーバー設定]をクリックします。

スクリーンセーバー設定

 

スクリーンセーバーの設定をし、[OK]をクリックします。

「再開時にログオン画面に戻る」にチェックをしておくと、スクリーンセーバーから復帰した時にログオン画面に戻ります。

スクリーンセーバー設定

これで完了です。

 

 

< スポンサーリンク >