データベース削除

MariaDBでデータベースを削除する方法の記録です。

Windows Server 2016
MariaDB 10.5
です。

 

< スポンサーリンク >



 

書式

drop database [if exists] データベース名;

 

「testdb2」というデータベースを削除してみます。

データベース削除

 

「drop database testdb2;」と入力し、Enterを押します。

データベース削除

 

「Query OK, …」と表示されればデータベースが削除されています。

データベース削除

 

「show databases;」でデータベース一覧を見てみると削除されています。

データベース削除

 

データベースが存在しない場合に「drop database」を使うと、「Can’t drop database ‘データベース名’; databse doesn’t exist」とエラーが表示されます。

データベース削除

 

「if exists」オプションを設定するとデータベースが存在しなくても正常に終了します。

「drop database if exists testdb2;」

データベース削除
データベース削除

 

※データベースを削除してもdrop権限を持つユーザーのdrop権限は削除されません。
新たに同じ名前のデータベースが作成された場合、元々drop権限を持っていたユーザーはデータベースを削除出来てしまいます。
なので、データベースを削除した時はユーザーのdrop権限を削除した方がいいです。

 

< スポンサーリンク >