HeidiSQLで接続

Windows Server 2016にMariaDBをインストールした時に、データベースを操作、管理するためのソフト「HeidiSQL」も一緒にインストールされました。

HeidiSQLでMariaDBに接続する方法の記録です。

HeidiSQLで接続

MariaDBインストール時の一画面↑

 

< スポンサーリンク >



 

ネットワーク上のクライアントではなく、サーバーからlocalhostで接続してみます。

HeidiSQLを起動します。

HeidiSQLで接続

 

[新規]をクリックします。

HeidiSQLで接続

 

ネットワーク種別:MySQL(TCP/IP)
Library:libmariadb.dll
ホスト名/IP:localhost(サーバーIPアドレスまたはlocalhost)
ユーザー名:設定されているユーザー名
パスワード:ユーザー名のパスワード
ポート:3306
データベース:特定の開きたいデータベースがあれば記入
[開く]をクリックします。

HeidiSQLで接続

 

セッション名を変更します。

[Unnamede*]を右クリックし、[Rename]をクリックします。

HeidiSQLで接続

 

自分でわかりやすい名前を入力し、[保存]をクリックします。

HeidiSQLで接続

 

[開く]をクリックします。

HeidiSQLで接続

 

MariaDBに接続されました。

HeidiSQLで接続

 

< スポンサーリンク >