Excel セルに名前を付けて使いやすくする-名前の定義

Excelのセルに名前を付けておくととっても便利です!

その方法を記録しておきます。

下図は、Excel2016です。

Excel名前の定義

 

< スポンサーリンク >

 

名前を定義する

【その1】

名前を定義したい複数のセル(1つのセルでもOK)を選択しておき、[名前ボックス]に付けたい名前を入力してEnterを押すと名前が定義されます。

Excel名前の定義

 

【その2】

名前を定義したい複数のセル(1つのセルでもOK)を選択しておき、[数式]タブ>[名前の定義]をクリックします。

Excel名前の定義

 

[名前]欄に付けたい名前を入力し、[範囲]欄ではブック単位で使うのか、シート単位で使うのかを選択し、[OK]をクリックします。
※【その1】の方法で名前を定義した場合は、範囲がブックになります。

Excel名前の定義

 

名前を管理する

名前の定義がされているものを確認したり、編集したりする場合には、[数式]タブ>[名前の管理]をクリックします。

Excel名前の定義

 

範囲欄に「ブック」やシート名が表示されているので、どの範囲で使用できるかが確認できます。

Excel名前の定義

Excel名前の定義

 

名前や範囲を変更したい場合は、変更したい名前を選択し、[編集]をクリックすると変更できます。

Excel名前の定義

Excel名前の定義

 

使い方

名前をセル番地の変わりに計算式に書き込むと計算できます。

Excel名前の定義

 

範囲がブックになっている場合は、別のシートで計算式に書き込んでも計算できます。

Excel名前の定義

 

範囲がシートになっている場合は、別のシートで計算式に書き込むとエラーになります。

Excel名前の定義

 

既に定義されている名前を[名前ボックス]に名前を入力しEnterを押すと、定義されているセル範囲が選択状態になります。

Excel名前の定義

 

定義されている名前を削除する

定義がされている名前を削除する場合は、[数式]タブ>[名前の管理]をクリックします。

Excel名前の定義

 

削除したい名前を選択し、[削除]をクリックします。

Excel名前の定義

 

[OK]をクリックします。

Excel名前の定義

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ