Excel 条件が一致しない場合に使うNOT関数

Excelで条件が一致しない場合に使う「NOT関数」の記録です。

Excel関数not

下図はExcel2016です。

 

< スポンサーリンク >

 

関数

引数の逆の値を返します。この関数は、ある値が特定の値と等しくないことを確認するときに使用します。

NOT(論理値)

論理式=必須。 TRUE または FALSE のどちらかに評価できる値または式を指定。

論理式が FALSE のとき TRUE が返され、論理式が TRUE のとき FALSE が返されます。

 

FALSEの逆の値を表示します。

=NOT(FALSE)

Excel関数not

 

A1が男ではない場合は「TRUE」、そうでない場合は「FALSE」を表示します。

=NOT(A1="男")

Excel関数not

 

A列の不可以外は「TRUE」、不可は「FLASE」を表示します。

=NOT(A1="不可")

Excel関数not

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ