IFERROR関数

Excelで数式がエラーだった場合、「#VALUE!」などのエラー表示ではなく、自分で好きな値を表示したいことがあります。

そんな時は、「IFERROR」関数を使います。

下図はExcel2016です。

< スポンサーリンク >





書式

IFERROR関数を使用して、数式のエラーをトラップし、処理することができます。IFERRORは、数式がエラーと評価された場合に指定した値を返します。それ以外の場合は、数式の結果が返されます。

IFERROR(値, エラーの場合の値)

値=必須。エラーかどうかをチェックする引数。
エラーの場合の値=必須。数式がエラー値と評価された場合に返す値を指定。エラーの種類はN/A、#VALUE!、#REF!、#DIV/0!、#NUM!、#NAME?、#NULL!。

・値またはエラーの場合の値が空のセルの場合には、空の文字列値(””)として扱われます。
・値が配列数式の場合は、値で指定した範囲の各セルの結果の配列が返されます。

 

数式の結果がエラーの場合は「エラー」と表示し、そうでない場合は計算結果が表示されます。

C1 =IFERROR(A1+B1,”エラー”)
C2 =IFERROR(A2+B2,”エラー”)

iferror

 

< スポンサーリンク >