Excel 2つの文字列が同じかどうか比べる-EXACT関数

他の人からもらった別のファイルのデータなどを自分の持ってるデータと同じかどうか比較する時が多々あります。

2つの文字列が同じかどうか比較するにはEXACT関数が便利です。

< スポンサーリンク >

 

EXACT関数の使い方を記録します。

 

関数

EXACT(文字列1,文字列2)

文字列1、文字列2とも必須。

2つの文字列を比較して、まったく同じである場合は「TRUE」を、そうでない場合は「FALSE」を返します。

EXACT関数では、大文字と小文字は区別されますが、書式の違いは無視されます。EXACT関数を使用すると、ドキュメントに入力されている文字列を検証できます。

 

A列とB列の文字列が同じかどうかをC列に表示しています。

Excel関数EXCACT

 

引数に直接文字列を入力した場合です。

Excel関数EXCACT

 

比較の結果を色でわかりやすくする

結果がTRUEの場合、背景色を赤になるように設定してみます。下図はExcel2016です。

 

関数を入力した列を選択します。

Excel文字列比較

 

[条件付き書式]>[新しいルール]をクリックします。

Excel文字列比較

 

「指定の値を含むセルだけを書式設定」を選択し、ルールを「セルの値」「次の値に等しい」「TRUE」と入力し、[書式]をクリックします。

Excel文字列比較

 

[塗りつぶし]タブで赤を選択し、[OK]をクリックします。

Excel文字列比較

 

[OK]をクリックします。

Excel文字列比較

 

結果がTRUEは背景色が赤になり、比較の結果がわかりやすくなりました。

Excel文字列比較

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ