< スポンサーリンク >

Excel 指定した文字数分だけ取り出す

Excelで指定した文字数分だけを取り出したい時は、LEFT関数、RIGHT関数、MID関数を使います。

 

LEFT関数は文字列の先頭から指定された数の文字を返し、LEFTB関数は文字列の先頭から指定されたバイト数の文字を返す。

RIGHT関数は文字列の末尾(右端)から指定された数の文字を返し、RIGHTB関数は文字列の末尾(右端)から指定されたバイト数の文字を返す。

MID関数は文字列の指定された位置から指定された数の文字を返し、MIDB関数は文字列の任意の位置から指定されたバイト数の文字を返す。

 

LEFT関数 LEFTB関数

=LEFT(文字列,文字数)

=LEFTB(文字列,バイト数)

文字列=必須。取り出す文字を含む文字列を指定。
文字数=省略可能。取り出す文字数を指定。省略した場合は1、指定する場合は0以上の数値を指定。
バイト数=省略可能。

【注意】

文字数が文字列の文字数を超えた場合は、文字列全体が返されます。

 

左から4文字分(B1)、4バイト分(B2)を取り出す

B1:=LEFT(A1,4)
B2:=LEFTB(A1,4)

LEFT関数

 

RIGHT関数 RIGHTB関数

=RIGHT(文字列,文字数)

=RIGHTB(文字列,バイト数)

文字列=必須。取り出す文字を含む文字列を指定。
文字数=省略可能。取り出す文字数を指定。省略した場合は1、指定する場合は0以上の数値を指定。
バイト数=省略可能。

【注意】

文字数が文字列の文字数を超えた場合は、文字列全体が返されます。

 

末尾(右端)から4文字分(B1)、4バイト分(B2)を取り出す

B1:=RIGHT(A1,4)
B2:=RIGHTB(A1,4)

RIGHT関数

 

MID関数 MIDB関数

=MID(文字列,開始位置,文字数)

=MIDB(文字列,開始位置,バイト数)

文字列=必須。取り出す文字を含む文字列を指定。
開始位置=必須。文字列から取り出す先頭文字の位置を数値で指定。
文字数=必須。取り出す文字数を指定。
バイト数=必須。取り出すバイト数を指定。

 

左から3文字目から2文字分(B1)、3バイト目から2バイト分(B2)を取り出す

B1:=MID(A1,3,2)
B2:=MIDB(A1,3,2)

MID関数

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ