左上セル

Excel VBAでウィンドウの左上のセルを指定した列、指定した行に合わせてスクロールする記録です。

下図は、Excel2016です。

< スポンサーリンク >





構文

列の設定

Windowオブジェクト.ScrollColumn

ウィンドウ内で左端に表示される列の番号を取得または設定します。Long型。

行の設定

Windowオブジェクト.ScrollRow

ウィンドウ内で上部に表示される行の番号を取得または設定します。Long型。

ウィンドウが分割されている場合、WindowオブジェクトのScrollColumnプロパティ、ScrollRowプロパティは左上のウィンドウを参照します。
ウィンドウ枠を固定している場合、WindowオブジェクトのScrollColumnプロパティ、ScrollRowプロパティは固定領域を除外します。

 

左上のセルの列を2列目に設定します。

Sub test()
    ActiveWindow.ScrollColumn = 2
End Sub

左上セル
左上セル

 

左上のセルの行を3行目に設定します。

Sub test()
    ActiveWindow.ScrollRow = 3
End Sub

左上セル
左上セル

 

< スポンサーリンク >