ウィンドウ高さ幅

Excel VBAでウィンドウの高さや幅をポイント数で指定するする記録です。

ウィンドウの高さは「Height」プロパティ、幅は「Width」プロパティを使います。

下図は、Excel2016です。

< スポンサーリンク >





構文

高さ

Windowオブジェクト.Height

ウィンドウの高さをポイント単位で表す倍精度浮動小数点型 (Double) の値を取得または設定します。

Windowオブジェクト.Width

ウィンドウの幅をポイント単位で表す倍精度浮動小数点型 (Double) の値を取得または設定します。

ウィンドウの最大サイズを確認するには、「UsableHeight」プロパティを使用します。
ウィンドウが最大化または最小化されているときは、このプロパティに値を設定することはできません。
現在のウィンドウの状態を判別するには、「WindowState」プロパティを使います。

 

ウィンドウを標準の大きさにして高さと幅を500ポイントに設定します。

Sub test()
    With ActiveWindow
        .WindowState = xlNormal
        .Height = 500
        .Width = 500
    End With
End Sub

ウィンドウ高さ幅
ウィンドウ高さ幅

ウィンドウ高さ幅

 

< スポンサーリンク >