数式表示

Excel VBAでセルに入力してある数式を数式バーで確認するのではなく、セル自体に数式を表示する記録です。

セルに数式を表示するには「DisplayFormulas」プロパティを使います。

下図は、Excel2016です。

< スポンサーリンク >





構文

Windowオブジェクト.DisplayFormulas

ウィンドウに数式が表示されている場合はTrue、ウィンドウに値が表示されている場合はFalse。設定および取得可能なBoolean型です。

このプロパティは、ワークシートとマクロ シートにだけ使用できます。

 

セルに数式を表示します。

Sub test()
    ActiveWindow.DisplayFormulas = True
End Sub

セル数式
セル数式

 

セルに値を表示します。

セル数式
セル数式

 

< スポンサーリンク >