スクロールバー

Excel VBAでスクロールバーを表示したり、非表示にしたりする記録です。

水平スクロールバーの表示、非表示は「DisplayHorizontalScrollBar」プロパティ、垂直スクロールバーの表示、非表示は「DisplayVerticalScrollBar」プロパティを使います。

下図は、Excel2016です。

< スポンサーリンク >





構文

水平スクロールバー

Windowオブジェクト.DisplayHorizontalScrollBar

垂直スクロールバー

Windowオブジェクト.DisplayVerticalScrollBar

スクロールバーが表示される場合はTrue、表示されない場合はFalse。取得または設定が可能なBoolean型です。

 

スクロールバーを水平も垂直も表示します。

Sub test()
    With ActiveWindow
        ‘水平スクロールバー
        .DisplayHorizontalScrollBar = True
        ‘垂直スクロールバー
        .DisplayVerticalScrollBar = True
    End With
End Sub

スクロールバー
スクロールバー

 

スクロールバーを水平も垂直も非表示にします。

Sub test()
    With ActiveWindow
        ‘水平スクロールバー
        .DisplayHorizontalScrollBar = False
        ‘垂直スクロールバー
        .DisplayVerticalScrollBar = False
    End With
End Sub

スクロールバー
スクロールバー

 

< スポンサーリンク >