Excel VBA ワークシートを非表示、再表示する

Excel VBAでワークシートを非表示にしたり、再表示する方法を記録します。

ワークシートの非表示、再表示は「WorkSheet」オブジェクトの「Visible」プロパティを使います。

< スポンサーリンク >

 

書き方

シート非表示

WorkSheetオブジェクト.Visible = False

 

シート再表示

WorkSheetオブジェクト.Visible = True

 

シートを非表示にする

アクティブなシートを非表示

アクティブなシート(例:Sheet1)を非表示にしてみます。

Excelシート非表示

 

アクティブなシートを非表示にする場合は次のように書きます。

Sub test()
    ActiveSheet.Visible = False
End Sub

Excelシート非表示

 

書き込んだVBAを実行するとアクティブだったシートが非表示になり、隣のシートがアクティブになりました。

Excelシート非表示

 

シート名を指定して非表示

シート名を指定して(例:Sheet3)非表示にしてみます。

Excelシート非表示

 

シートを指定して非表示にする場合は次のように書きます。

Sub test()
     Worksheets("Sheet3").Visible = False
End Sub

Excelシート非表示

 

書き込んだVBAを実行すると指定されたシートが非表示になりました。

Excelシート名

 

シートを再表示する

シート名を指定して(例:Sheet3)再表示してみます。

Excelシート再表示

 

シートを再表示する場合は次のように書きます。

Sub test()
    Worksheets("Sheet3").Visible = False
End Sub

Excelシート再表示

 

書き込んだVBAを実行すると指定されたシートが再表示されます。

Excelシート再表示

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ