Excel VBA ワークシートのタブの色を変える

Excel VBAでワークシートのタブの色を変更する方法を記録します。

タブの色を変える時は「WorkSheet」オブジェクト「Tab」オブジェクトの「Color」プロパティか「ColorIndex」プロパティを使います。

< スポンサーリンク >

 

書き方

「Color」プロパティ

WorkSheetオブジェクト.Tab.Color = RGB値など

RGB値についてはこちらを参照『Excel VBA RGB値を使ってセルの文字や背景の色を設定する

 

「ColorIndex」プロパティ

WorkSheetオブジェクト.Tab.ColorIndex = 色番号

ColorIndexについてはこちらを参照『Excel VBA ColorIndexを使ってセルの文字や背景の色を設定する

 

Colorプロパティ(RGB値)でタブの色を変更する

アクティブなシートのタブの色をRGB値で赤に変更してみます。

Excelシートタブ色

 

アクティブなシートのタブの色を変更する場合は次のように書きます。

Sub test()
    ActiveSheet.Tab.Color = RGB(255, 0, 0)
End Sub

Excelシートタブ色

 

書き込んだVBAを実行するとシートのタブの色が変更されます。

Excelシートタブ色

 

シート名を指定してColorIndexプロパティでタブの色を変更する

Sheet2のタブの色を色番号で青に変更してみます。

Excelシートタブ色

 

シートを指定してシートのタブの色を変更する場合は次のように書きます。

Sub test()
     WorkSheets("Sheet2").Tab.ColorIndex = 5
End Sub

Excelシートタブ色

 

書き込んだVBAを実行するとシートのタブの色が変更されます。

Excelシート名

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ