< スポンサーリンク >

Excel VBA ワークシートをコピーする

Excel VBAシートコピーにするには「Worksheets.Copy メソッド」「Sheets.Copy メソッド」を使います

 

構文

式.Copy (Before, After)

Before = コピーしたシートを指定したシートの直前に挿入
After = コピーしたシートを指定したシートの直後挿入

「Worksheets.Copy」でコピーできるシートはワークシートのみ

「Sheets.Copy」でコピーできるシートは、ワークシート、グラフシート

BeforeとAfterは同時に指定できない

BeforeとAfterともに省略した場合は、新規ブックが作成され、そのブックにコピーされる

 

sheet1を新規ブックにコピーする

Sub SheetCopyTest1()
  Worksheets("Sheet1").Copy
End Sub

 

Sheet1をSheet3というシートの前にコピーする

Sub SheetCopyTest2()
  Sheets("Sheet1").Copy Before:=Sheets("Sheet3")
End Sub

 

Sheet1をGraph1というグラフシートの後ろにコピーする

Sub SheetCopyTest3()
  Sheets("Sheet1").Copy After:=Sheets("Graph1")
End Sub

 

自分のブックのSheet1というシートを別のブック(Book2.xlsx)のSheet1の前にコピーする

Sub SheetCopyTest4()
  ThisWorkbook.Sheets("Sheet1").Copy Before:=Workbooks("Book2.xlsx").Sheets("Sheet1")
End Sub

 

< スポンサーリンク >



サブコンテンツ

このページの先頭へ